賃貸物件の部屋を見学するときに、気を付けて見ておきたい収納スペース。家具を置いたときの部屋の印象。
賃貸物件の周辺環境について

賃貸物件の見学について

賃貸物件の部屋を見学するときに気を付けたいことです。部屋に入り、家具が何も無い状態では広く見えたのに、生活用品を置いてみたら窮屈になってしまい、イメージと違ったなんて事がよくあります。布団ならたためば場所はあまり取りませんが、ベッドを置くとなると1畳は必要になります。冷蔵庫や本棚など高さがあるものは部屋に圧迫感を出し狭く感じたり、机やイスの大きさや数によっても変わってきます。自分が置くであろう物を出来るだけ具体的に想像して、実際にそこで生活するように動き回ってみるのが良いと思います。天井が低かったり、屋根の都合で天井が傾いているとなおさら窮屈な印象に。こういった情報は図面に載っていない事が多い為、自分の足でおもむき、自分の目で確かめる事が重要です。

収納スペースも大事です。例えば服。クローゼットに入りきらない位の服がある場合は、ウォークインクローゼットやサービスルームがある物件、ロフトタイプがあると良いかもしれません。押し入れは、天袋の有無も重要です。出し入れがしづらいのが難点でよく使う物を入れるのには不向きですが、季節のものや使わないが捨てられない物を入れておくのに便利です。見落としがちな玄関収納、ブーツや長靴など長さのあるものをお持ちの方はしっかり確認しておくのが良いと思います。

Copyright (C)2017賃貸物件の周辺環境について.All rights reserved.