賃貸契約書には、退去時の手続きについて記載されています。退去することになったらまずは契約内容の確認が第一です。
賃貸物件の周辺環境について

賃貸物件から退去する時には

契約期間が満了したり、また契約期間の途中で賃貸物件から退去する時にも所定の手続きが必要です。物件に契約をする時には重要事項の説明を受け、また正式な契約書を取り交わしています。契約書には、物件の契約を解約して明け渡す場合の定めも記載されているはずです。ですから、退去することが決まったらまずは契約書を確認して退去に関してどのような定めがあるのかを把握しておきます。確認しておきたい項目の主なものは2点あります。ひとつめが契約を解約することをいつまでに連絡しなくてはならないかということです。そしてもう1点が、解約して退去することを申し出る手段の確認です。

一般に、賃貸契約を解約する時には、借りている人は1か月前までに解約の申し出をしなくてはならないと決められています。また解約の意思表示については、口頭ではなく書面での申請が求められるケースが多くなっています。ですから、契約書で「いつまでにどんな方法で解約」の申請をするのかを確認して期限を守って解約を申し出ます。不動産会社にもよりますが、最初に取り交わした契約書に退去の時に使う解約のための用紙が付いていることもあります。契約書に解約の書類が付いていない場合は、速めに不動産会社に聞いておけば安心です。

住まいでも話題のワード、ここが手軽で便利です

Copyright (C)2017賃貸物件の周辺環境について.All rights reserved.