東京で働いていた義母は通勤に便利な京浜東北線沿いの駅近くに賃貸のアパートを借りて住んでいました。
賃貸物件の周辺環境について

義母が駅近くに借りた賃貸のアパート

東京で長年働いていた義母は一人で借り家住まいをしておりました。通勤に便利な京浜東北線沿いの駅近くに賃貸のアパートを借り、週に5日の出勤をしていました。その頃、隣町でやはり職場の宿舎に住んでいた私は、夫と二人で休みの日にはよく遊びに行きました。そのアパートは電車が通る度にがたがたと揺れるとても古い建物で、壁も屋根も汚なく清潔感はありませんでした。

義母にとって駅から近いことは第一条件だったし古いことで家賃が安くなったので薄給の義母には願ってもない物件だったのです。そんな時私は職場の宿舎を安く利用出来ることに感謝しました。アパートだと2年に一度更新料を払い、家賃代金も毎月きちんと納めなければならずそれまでに支払った金額はかなりのものでした。

私に子供が生まれ育児休暇が切れた時、義母を引き寄せ育児をしてもらいました。義母の住んでいたアパートは引き払いましたがすぐに借り手がついたようです。賃貸物件は場所さえよければ需要があるのだと思いました。義母には2人の子供をみてもらいましたが、3人目が生まれた時は「孫の面倒をみるのは神経を使うのでもう一度働きたい」と言って出て行ってしまった。まだ若かったのでバリバリ働きたかったらしいです。

Copyright (C)2017賃貸物件の周辺環境について.All rights reserved.