住まいを買う動機は色々とありますが、迷っているのであれば、とりあえず賃貸に住んでおいたほうがよいです。
賃貸物件の周辺環境について

迷ったら賃貸にしておいたほうがよい

賃貸に住むことはよいことではありますが、購入することもよいことです。購入するメリットは色々とありますが、重要なのは、なぜか買うのか、というところにあります。まず、住宅を購入する場合は半永久的に居住することができるようになります。賃貸の場合は、住む分、住んだ分だけ居住する権利の代金を払うことになります。但し、逆を言えば、半永久的に住まないと損をする、ということになります。ですから、そのあたりも計算しておくことです。買ったほうがずっと住めるので、お得、という人もいますし、賃貸のほうが合理的である、という人もいます。半永久的に住むことができるので、割安ということを考える人がいるのですが、購入に比べると賃貸は決意しやすい、ということもあります。

買う時のタイミングですが、一つは、大黒柱になるという決意、つまりは、結婚、出産などの家族環境の変化のとき、社会の一員になったという状況の変化、つまりは、就職、昇進などの仕事環境の変化のときなどがあります。さらに、趣味などのライフスタイルの発見、変化のときもあります。或いは単純に今が得、と思ったときもあります。こうした時があれば、買うこともよいです。しかし、迷うことがあるならば、賃貸のほうがよいです。

住まいでも話題のワード、ここが手軽で便利です

Copyright (C)2017賃貸物件の周辺環境について.All rights reserved.